Top > 注目 > エレベーターで起こりがちな故障パターン

エレベーターで起こりがちな故障パターン

エレベーターは毎日稼働するものとなるため、定期的にメンテナンスや点検が必要となりますが、こちらを行っていても故障してしまうことは多いとされています。

 

よくある原因としては、電気系統とドアの開閉不良となります。

 

電気系統の場合としては、回路の接触不良であったり、雨漏りで漏電してしまうなどの原因が挙げられます。

 

エレベーターのリニューアル

 

ドアの開閉がうまくいかないのは、電気系統の場合もあれば、ドアの駆動部分が破損してしまったなどの原因が挙げられます。

 

他にも、エレベーターを制御する系統が壊れてしまい、動かせなくなってしまう場合もあります。

 

エレベーターも機械となるため、故障してしまう前には変な音がなっていたり、揺れがいつもより激しい、などの前兆があるようです。

注目

関連エントリー
楽しそうな結婚式余興でグレイテストショーマンダンス気になる忘年会余興ダンスとはマイケルジャクソンフラッシュモブとはエレベーターで起こりがちな故障パターンフラッシュモブを長崎でやりたい
カテゴリー
更新履歴
楽しそうな結婚式余興でグレイテストショーマンダンス(2018年7月 4日)
気になる忘年会余興ダンスとは(2018年5月15日)
マイケルジャクソンフラッシュモブとは(2018年4月26日)
妊婦にとって大切な栄養素で一番大事なのは?(2017年12月21日)
エレベーターで起こりがちな故障パターン(2017年11月10日)